2013年1月27日日曜日

カワダ nanoblock(ナノブロック) エヴァンゲリオン初号機ヘッド 薄めで見るとモザイクが外れる的なアレ。

今日はちょっぴり珍し目なアイテム、カワダから発売されている大人向けのミニサイズブロックシリーズ、nanoblock(ナノブロック)より、エヴァンゲリオン初号機ヘッド!

シンジは同じくカワダのダイヤブロックの方の付属品~。


存在するのは知っていたものの、中々目にすることがなかったこのナノブロック初号機。ところが先日、とあるおもちゃ屋さんのエヴァコーナーの奥に隠れるように鎮座ましましているのを発見。お店の割引券を持っていたことと給料日直後という気の大きさで衝動買いしてしまいましたw

しかし、、、、すごい出来です。薄目で眺めると、ブロックとは思えません。 ちなみに完成させるのに2時間近くかかりました。パーツがちっせーのなんの。

ツノのラインが2本の新劇場版仕様。

真正面から。

我が家にある最も大きな初号機ヘッドはセブンツー製のこれ


比べてみると、ナノブロックのほうも顔のバランスや色配置が完璧なことがよくわかりますね。多分どちらも強いモザイクかけたら同じような画像になるんでは?

頭部拘束具の中には素体の後頭部が。

一ブロックのサイズは4mm×4mm。完全に大人向けアイテム。

作る前はこのサイズでどうやって表現するのか疑問だった、後頭部のデザイン。説明書見ながらでも混乱しました。

そしてなんと、この初号機、顎に可動ボールジョイントパーツが含まれており、暴走モードも再現可能!

口の中は赤いクリアパーツ・・・!

土台ももちろんナノブロック。全身があったら、、、、多分保持力が難しいですよねw それはダイヤブロックに任せましょうw

総パーツ数、約500という中々に作り応えのあるこの初号機ヘッド。ダイヤブロックの時は、まるでプラモを作っている感覚でしたが、このナノブロックは例えるなら「人力3Dプリンタ」。 数mmごとに積層していく感じで初号機ヘッドがどんどん形になっていく様は、プラモでもアクションフィギュアでも無い独特の醍醐味。今思えば、一層ごとに写真撮っていたら、なんか面白い動画ができたかもしれません。が、そんなことしてたら、いつまで経っても完成できなかったかもしれませんけれどw

というわけで、カワダ nanoblock(ナノブロック) エヴァンゲリオン初号機ヘッド 薄めで見るとモザイクが外れる的な。でした。

1 件のコメント:

  1. Hi, Would you mind to share this building instruction to me? Thanks a lot

    返信削除